すっかり春!日の入りは8時半。明るくて嬉しい♪


by matoryoshka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:シュタイナー( 7 )

ゴジラくんがテレビをやめてから私もさっぱり見なくなって数週間。
ブレアさんが退陣することも日本の姉のメールで知ったくらい(恥)。
ネットでニュースぐらい読もうよ。>私
しかも天気予報も見ないから空を見ながらのその日暮らし。雨が降ったら出かけません。いいのかこんな生活。

カティーサークが燃えてしまったこともyamoedさんの所で初めて知ったくらい。

今日はシュタイナーの日だったから朝のうちに買い物に行っておこうとスーパーに行って帰りに外に出たら土砂降りの雨。そこからゴジラくんはまた2時間以上もバギーの中で寝てしまったから結局シュタイナーにまた行けずじまい。タイミングが悪い。
f0137274_634539.jpg

起きてから食べさせた昨日の残りの炊き込みご飯。
最近私のお箸で食べたがるのでこの間の一時帰国で買って来たゴジラくんようのお箸を下ろしてみた。ちゃんとお箸として使えるようになるのはいつの日か。
[PR]
by matoryoshka | 2007-05-22 06:10 | シュタイナー | Trackback | Comments(6)
(追記あり)

いつもゴジラくんは6時きっかりに起きてベッドから叫んで私たちを起こしてくれるので目覚まし代わりになっていた。が、昨日寝るのが9時と遅かったからなのか今日はなんと7時半に起きてくれて7時始業の旦那、顔面蒼白。いや、アラームちゃんとかけようよ。それをゴジラくんのせいにするのはどうかと思うよ。いつもより長めに寝たおかげで私もゴジラくんもすこぶる機嫌のいい朝だった。

久しぶりのシュタイナー。心臓破りの坂道をえっちらおっちらバギーを押して上がる。この坂もいつまで上れるのかな。これで産気付いたら洒落にならない。私と同じ予定日のお母さんと、「来週までまた頑張ろう!」と励ましあってなんとか今日も無事終了。いや、ストーリータイムは眠くてしょうがないゴジラくんには我慢できずに外に出てしまったが。

最近雨ばかりで肌寒かったロンドン。今日は久しぶりに青空が見えてポカポカ陽気になった。シュタイナーの帰りのバスでゴジラくんも寝てくれた事だし、ここはやっぱりフラップチーノだ。
f0137274_4551829.jpg

スタバのコーヒーフラップチーノ。これは私が愛してやまない「パピコ」と同じ味がする。
が、この写真を撮った後手が滑ってなんとカメラを宙に放り投げてしまった!思わず頭を抱える私に「はい、ど~ぞ♪」と明るく笑顔でカメラを拾って差し出してくれた腕中刺青だらけのおじさん。ありがとうございます。幸いなんとかその後も使えているけどまだ新しいのにこれで壊れたら旦那が泣く。

最近ずっと私とゴジラくんのお気に入りのさつま芋「KUMARA」が入荷されずにいたが、今日は見つけたのですかさず買い。こちらで見て気になっていたポップコーン用のとうもろこしも買った。

家に帰って私はPCで少し用事があったのでゴジラくんの要求にほいほいと気前良く応えてあげる。「ナナ!ナナ!(バナナ)」(2本)、「パン!パン!」(2枚)、「ゴ!ゴ!(イチゴ)」(3個)、「オモ!オモ!(お芋)」(1個)、「ミク!ミク!(ミルク)」(約400ml)、それとポップコーン。これはレンジで2分ポンポンやっただけで味付けは無し。
f0137274_525074.jpg

初めは勢い良く食べていたが、そのうちコーンの皮が口の中に残るのが気になり出してうぇ~っと出してくるようになったので引っ込めた。夜ご飯はもういらないかと思ったが、一応また鮭フレークを作ったのでそれをチラリと見せると飛びついて来た。のでご飯2膳。よく食べるな、おい。

野菜ゼロの日。ま、いいや。

真夜中のシュークリーム
[PR]
by matoryoshka | 2007-05-19 05:11 | シュタイナー | Trackback | Comments(2)

日々是成長。

今日はシュタイナーの日。
張り切って準備して、余裕を持って出たはずなのにこんな日に限ってバスは40分も来ない、来たと思ったら渋滞に巻き込まれて進まない。2時間しかないプレイグループなのに40分も遅刻して行った。

今日から金曜日は新しいリーダー。レイチェルという黒人の女性だったが、あまり周りに馴染もうとしないゴジラくんも温かい笑顔で受け入れてくれてちょっとホッとした。

今日も相変わらずおやつを食べる時以外は部屋の中をウロウロしてアクティビティに参加しようとしないゴジラくん。でも前のように泣き喚いて、「ここから出してくれ~~~!!!」と言わなくなっただけまだ慣れてきた証拠なのかもしれない。シュタイナーは結構ルーティーンに厳しいので一旦仕舞ったおもちゃをまた出して来て遊ぶことは良しとされない。お歌の時間に部屋の隅で貝殻をバスケットの中から出して遊ぼうとするゴジラくんにジェスチャーで「ポイポイしてねー、ナイナイしてねー」とこちらから合図を送ると結構素直に仕舞っていた。それでも何度も出しては私の顔色をうかがってまた戻していたが。

帰り、いつもバスの中から見て気になっていたイタリア食材店に行ってみた。ショーウィンドーにバリラのパスタが置いてあったので気になっていたのだ。で、その勝利品。
f0137274_5235719.jpg

狭いお店に所狭しと並べられた珍しいパスタの数々にちょっと興奮。お店の中でもイタリア語が飛び交っていて活気があっていい感じ。お店が狭いので入口の側にゴジラくんを中に入れたバギーをそのまま置いて店内を物色していたが、お店のお兄さん達が、「バンビーノ!バンビーノ!」としきりに相手をしてくれていてゴジラくんも退屈しなかったようだ。
この他にもイタリアンソーセージとパンチェッタもブロックで買ってみた。帰って着てのお昼ご飯はそのパンチェッタを使っての卵抜きカルボナーラ。
f0137274_5251150.jpg

このお皿は私のだから黒胡椒をガリガリッと。

今日も色々並べて遊んでいたなー
これとか、
f0137274_5262731.jpg

これとか、
f0137274_526529.jpg


子供って昨日まで出来なかった事がいきなりできるようになるからビックリする。これもその一つ。
f0137274_5274577.jpg

つい最近まで全く違う所に入れては「入らない!」と癇癪を起こしていたのに、今日ちょっと目の前に置いてみたら自信満々に一発で出来てしまった。脳の回線がプチッといきなりつながるんだろうか。
[PR]
by matoryoshka | 2007-04-28 05:42 | シュタイナー | Trackback | Comments(0)

ちょっとホッとした。

イースターホリディが明けて最初のシュタイナーの親子クラス。
いつもは金曜日の午前中に行っていたが、ゴジラくんが眠たそうな時があるので試しにお昼からのクラスに参加してみる事にした。が、2時始まりで行く途中で既にゴジラくんはバギーの中で熟睡。こまったなー、おい。着いても起きそうにない。しょうがないからバギーのまま部屋に入れてもらって起きるまでそのままに・・・と思ったら周りが騒がしいので起きてくれた。

金曜日はどちらかと言うとゴジラくんより大きい子が多いが、今日のクラスではゴジラくんが最年長だった。人数も少なかったし、もっと小さい子達はかなり好きなように行動していたりしてちょっと私も気が楽だった。ゴジラくんも泣き喚くことなく、ウロウロはしていたけど一応2時間はなんとか持ちこたえてくれた。ゴジラくんは自分が泣き喚いている時は周りの事なんて見えていないが、誰かがワーワー泣き出すと、「どうしたの?」とばかりに近寄って行って「いい子、いい子」となでなでするからちょっと笑える。その調子でいいお兄ちゃんになってくれ。

曜日によって仕切る先生が違うわけだが、その先生のキャラクターによってクラスの雰囲気が変わると聞いていたのは本当だった。金曜日の先生はどちらかと言うとちょっと冷ややかな印象があって、ゴジラくんが泣き喚いたり駄々をこね出すとなんだか視線が痛い感じがしたが、今日の先生は身体も、162センチの私が見上げるほど大きくて、なんというか包容力がある感じ。なんでもどーんと来い!という感じかな。終始ニコニコしていてみんながリラックスしていたような気がする。日本にも行った事があるとかで、「ワタシハ、スザンナトモウシマス」と挨拶してくれた。全く日本や日本人について関心がない人とではこちらの受ける印象もかなり違う。私はどうしても白人社会の中で肩身の狭い思いをすることの方が多いから、そういう意味でも今日のクラスは続けていけそうだなぁと思った。

f0137274_5292162.jpg

今日のおやつ。
一昨日圧力鍋で小豆を煮たのでそれを使ってシフォンケーキとパウンドケーキの中間のような私の大好物のケーキ。レシピはクックパッドから。
小豆は普通の砂糖じゃなくて今回はDemerara Sugarで煮てみた。黒砂糖のような風味があって大好きだ。
[PR]
by matoryoshka | 2007-04-24 05:40 | シュタイナー | Trackback | Comments(0)

心に沁みるメール。

今週からシュタイナーのクラスは春休みで3週間お休みになる。私が行っていたクラスをまとめてくれていた先生(実際は先生とは言わないと思うけど)が次のタームからは違う学校へ移ってしまうと言う事だったのに、先週の金曜日のクラスでは、余りにもゴジラくんが泣き喚き、私の我慢も限度が来たので途中で帰ってしまってその先生にも他のお母さん達にもちゃんと挨拶をする事ができなかった。帰って来て先生にメールを書いたのだがその返事が来た。

「途中で帰る事になんの負い目も感じる事はないの。それよりも私はあなたがゴジラくんに対して怒っていた事の方が気になるわ。怒る必要なんて何もないのよ。彼にとってこのクラスはまだまだ新しくて慣れないのも当然だし、それに今、あなた自身が妊婦で疲れやすくなっているから、ちょっとゴジラくんはそれを感じていて余計に甘えたがっているんだと思うの。私の息子2人もとても年が近いから小さかった頃は本当に大変だった。あなたの気持ちはすごくわかる。でもね、いつかこのしんどい時期は終わるの。だからそれをゴジラくんに怒りをぶつけるような事をしてはダメ。いい?もし赤ちゃんが生まれてもこのセッションにこれるようなら、時々アシスタントに赤ちゃんの方を見てもらうように頼むといいわ。そうすればゴジラくんはあなたと一緒に時間を過ごせるし、その為にアシスタントがいるんだから。それがゴジラくんにとっても精神的にいい事だと思うから。」

なんだかまた泣けてきた。
頭ではわかっているんだけど、ゴジラくんを叱るとき、すごく感情的になってしまう。それも自分の体調の悪い時、時間がないと焦っている時、他の人からどう思われてるかが気になる時、そんな理由で叱ってしまう。当然ゴジラくんはものすごく怯えた表情になる。そして自分が怒られているのにどうにか私の機嫌を直そうとしているのか、「ママ?ママ?」と足にくっついて来て時々私の顔を見上げながら足に自分の顔を押し付ける。そうこうしているうちに私の怒りが静まってきて今度は激しい自己嫌悪に陥る。これの繰り返し。

今日はオムツを替えさせてくれず、30分余り逃げ回り、またお腹が張って来て頭にきた私はベッドでフテ寝していた。そうしたら廊下からシャクッ、シャクッと聞きなれない音がする。ハッと覗いてみたらどこから取ってきたのかハサミで遊んでいる!しかも着ているTシャツのお腹の部分が切られていた・・・。これがお腹の肉だったらと思っただけでぞっとした。いい加減に自分をコントロールしないとそのうちとんでもない事になるかもしれない。

夜ご飯を食べながら思わず苦笑いしてしまった。今日はミートソースを作ってペンネに絡めて食べていたのだが、スパゲッティだとなんとかゴジラくんはフォークで口に運ぼうとするが、ペンネは突き刺すのが難しいらしく、食欲の方が勝ってしまって途中で手づかみになる。が、今日は恐怖のトマトソースだ。それをまた手づかみで食べて、その手であちこち触られたらとんでもないことになる。

途中で手に変えた時、ゴジラくんはちょっと私の顔色をうかがって、「ママ?」と呼んでみた。普通なら「な~に?」と語尾を上げて優しく聞き返すのだが、その時は左手に掴まれたパスタを見つつ、「ナニ???」とちょっと不機嫌に聞き返した。そうしたらゴジラくんは首をぐーっとテーブルに近づけてそこから私の顔を仰ぎ見てニッコリ笑って「な~~~~~に???」と言った。そういう言い方じゃないでしょ!こう言うんでしょ!とでも言いたげに。あぁ一本取られた。
[PR]
by matoryoshka | 2007-04-03 05:23 | シュタイナー | Trackback | Comments(4)

泣いた日。

今日はゴジラくんも私も泣いて泣いて泣きまくった一日だった。
こんな日もあるか。
子育てって本当に難しい。全く自分の思い通りにならない1人の人間を、どうにかこうにか1人で生きていけるようになるまで毎日毎日面倒を見なければいけないのだ。末っ子で我儘いっぱいに育った私は時々我慢しきれずに、子供と同じレベルで爆発してしまう。私の大好きな明橋大二先生も「親がキレると子供もキレるようになる」と言っているからそれは常に頭にあるのだが・・・

f0137274_6434147.jpg

気を取り直しておやつに作った栗原はるみさんの卵クッキー。粉を全粒粉に変えて砂糖を半分にしたけど、これはサックサクでなかなか美味しいので気に入っている。フードプロセッサーでガーッとやればあっという間だ。最近ゴジラくんは数を数えるのが気に入っているので数字の型で抜いてみた。写真を撮っている間も待てずにテーブルの下から手が伸びて来た。
[PR]
by matoryoshka | 2007-03-31 07:02 | シュタイナー | Trackback | Comments(0)
今日はシュタイナーの親子クラスで知り合った日本人ママが遊びに来てくれた。いや、その前にシュタイナーのイースターフェスティバルと題した集まりがあったのだが、これはまたゴジラくん、散々な結果に終わった。着いた途端に「帰りたいモード」炸裂。あぁ、またか!他の子供達が静かに親の膝に抱っこされて座っている中で一人泣き喚いて私の手を出口の方へと引っ張り、とてもじゃないがその場にいられたもんじゃなかった。と言うわけでそそくさと退席。外で少し時間を潰してからまた懲りずに入ってみる。(いや、そのまま帰ってしまおうかとも思ったが、お茶の時にみんなで食べてもらおうとキャロットケーキを持参したので、イギリス人の人たちがどんな反応でそれを食べるのかを見届けたかったのだ。ゴジラくんの事はさておき。)その頃にはお庭での「エッグハンティング」になっていて、外で遊べるとなると俄然張り切るゴジラくん。エッグハンティングはおいておいて、とりあえずご機嫌で遊ぶ。その後はティータイム。これもまぁ1人いつまでも食べていたが食い意地が張っているゴジラくんのこと、ニコニコしていた。が、その後の最後のお別れのお歌。輪になって手をつないでみんなで歌を歌うのだが、またここでも「なぜそこまで!?」と言いたくなるぐらい頑として拒否。最後の挨拶もそこそこに出てきてしまった。

まーったくこれで本当に学校に行けるようになるのか!?机に座って勉強ができるようになるのか!?動物園じゃないんだゾゥ~>とか言ってる場合じゃない

で、その後シュタイナーで知り合った日本人ママがゴジラくんより一つ年上の男の子を連れてうちに遊びに来てくれた。ゴジラくん、一転してニコニコハッピーモード。近くに友達らしい友達がいないから友達と一緒に遊ぶ、という事ができると思っていなかったけど、なかなか上手に遊んでいた。こうやって少しずつでも他人といる事に慣れて行ってくれるといい。

今日のメニューは、ピーマンの肉詰めサワークリーム煮、ニンジンとツナのサラダ、ポテトサラダ、ミネストローネ、昨日の残りのつくねと白いご飯。デザートはお友達が持って来てくれたロールケーキと私が昨日仕込んでおいたさつま芋のバターケーキ。また写真撮るの忘れたなー
[PR]
by matoryoshka | 2007-03-28 06:56 | シュタイナー | Trackback | Comments(0)