すっかり春!日の入りは8時半。明るくて嬉しい♪


by matoryoshka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オイカちゃんの手術。

オイカちゃん、頑張ってきました。

追記:心配してくれたり助けてくれたり、激励の言葉をかけてくれた方々への肝心のお礼の言葉が抜けていました。間抜けたことで申し訳ありません。周りのサポートがあったからこそ気丈でいられたのだと思っています。本当にありがとうございました。



以前から度々オイカちゃんの手には障害があると書いて来ましたが、実は多指症という先天異常があって右手の親指側にもう一つ指がくっついて生まれてきました。こちらの小児科の指専門の先生によるとそれはアジア人(つまり私)の遺伝であり、ヨーロッパ人(つまり私の旦那)の場合は小指側に出る場合が多いとのことでした。最近ボンドガールのジェマ・アータートンが実は生まれた時にそうであったと告白したのでご存知の方も多いかと思います。

私の知る限り、私の家系には多指症はないので一体どこから来た遺伝かわかりませんが、日本の風潮からしてもしあったとしても決して口外せずに今まで来ていたのかもしれません。もちろん私の友達はみな知っているわけですが、このことを告げた時、アジア人、ヨーロッパ人を含めて、日本人以外は、「あぁ、友達にもいるよ。」と言う人がかなり多くて私自身も驚きました。

このことを告げて、やっぱり結構辛い言葉も聞きました。
「妊娠中に薬飲んだりレントゲン写したりしたんじゃないの?」
「妊娠中にエコーでわからなかったの??」」
「え?え??意味がわからない??どういうこと?指が6本て!?」

最後の言葉は多分誰もが心の中で思ったことだったでしょうが、こういう言葉を聞くのはなぜか独身の人、子供のいない人が多かった。(エコーでわかったらその時点でどうしろと!?)でも私の近しい友人、家族はとても温かく受け入れてくれて私もそんな障害をひっくるめてオイカちゃんが日ごとにいとおしくなってきました。

いや、実際カワイイですからね、オイカちゃん。(親ばか全開。あっはっは)

生まれてすぐにNHS(国民医療制度・・・ただで病院にかかれます)の手術のウェイティングリストに登録されました。でも全身麻酔なので生まれてすぐよりはもうちょっと大きくなってからの方がよい、でも本人が自覚する前の方が利き手に関わらず使えるようになるので3歳になる前に、ということで大体1歳半から2歳の間に受けることになっていました。そこから半年ごとに手術をしてくれる先生の検診があったのですが、今までその先生に当たったのはたった1度。後は代わりの先生でした。ま、NHSだしね、そんなもんでしょう。

そしてやっと手術の日が決まり、それが昨日11月27日でした。

全身麻酔ゆえ朝から絶食になるので年齢の低い子から先にやってくれます。オイカちゃんは2番目と言う事でロンドンのSt. Thomas' Hospitalに朝7時30分までに入ることに。旦那が1日有給を取ってくれたので4時半起きで真っ暗な中、ダブルバギーを押して電車で行きました。
f0137274_6425539.jpg

子供病院とは思えない超近代的な真新しいビルディング。これ、エレベーターです。

オイカちゃんが空腹に耐えかねて、「パン!パン!」と叫ぶのをなんとか気を紛らわせているうちに今日一日お世話になるナースや手術をしてくれる先生の助手、麻酔の先生や遊びの専門家(play specialist)まで入れ替わり立ち代りやってきて結構慌しい。

そろそろ眠いのと退屈なのとでゴジラくんがキーキー言い出したのでplay specialistさんが、「午前中にナーサリーに預けたらどうかしら?」と提案してくれて(病院内に幼稚園があって兄弟、姉妹も入れてくれる)見学をしに行き、一緒にちょっと遊んでいる間にオイカちゃんが時間になったからと呼び出しが。ゴジラくんをそのまま預けてオイカちゃんの元に。

たくさんの人に囲まれて既に半泣き状態のオイカちゃん、私の姿を見つけると手を伸ばして絶叫。

「マ~~~~~~~~~ミ~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!」(号泣)

がっしりしがみついて離れようとしないのでそのまま抱っこして連れて行く。子供病院から通路を通って本館へ。迷路のような巨大な病院の中。ベッドを押して案内してくれる係りの人(ピアスだし、刺青だし体格はすごいし、結構怖めな男の人・・・)がいないとナースたちも全然どこだかわかっていない様子。

連れて行かれたのは麻酔の部屋。ここで黒人の陽気な麻酔の先生が登場。ホカホカのブランケットを持って来てくれて抱っこした状態で私とオイカちゃんを包んでくれた。更に病室に来てくれた麻酔の先生もやってきてちょっと物々しい雰囲気に。オイカちゃんの目は怯えると言うよりは訝しんでいる様子。「あんたたち、なんなのよっ!」とでも言いたげに。

いざ、麻酔のガスをオイカちゃんに当てるとなってさぁ大暴れ。旦那を含めて男の人3人+私を含めた女の人3人が必死で抑えてマスクを口に当てる。「お母さん!ガスを吸うとあなたまで眠くなりますよ!顔をそむけて!!」と言われても私が抱っこしてるんだから難しい。オイカちゃんが涙を流して絶叫しながら必死で抵抗するのを見ていたら涙が止まらなくなってきた。

やっと麻酔が効いて眠り出したオイカちゃん。「お母さん、出る前にキスしてあげて」と言われてぐったりしたオイカちゃんをぎゅっと抱きしめて部屋を出る。

うまく行きますように・・・。

病室へ帰る途中、鼻をすすりあげる私に、強面のベッドを押す彼が一旦どこかの部屋へ寄ったかと思うと手にテッシュの箱を持っていて無言で渡してくれました。そうなんだよな、こういう人のほうが実際優しいんだよ、イギリスって。

病室に帰るとゴジラくんがプレイルームで係りの先生と一緒に楽しそうに遊んでいてホッとする。手術は約1時間半とのことなのでゴジラくんを連れて病院内の食堂へご飯を食べに行く。手術が終わって麻酔が覚めたら旦那の携帯に電話をくれることになっているのでそれまでは館内をぶらぶら。でも1時間半なんてあっと言う間だった。呼び出しがあって、またナースとベッドを押してくれる係りの人と一緒にリカバリールームへと急ぐ。

リカバリールームの中には成人も含めて10人くらいの患者さんがベッドにいたが、耳をつんざく叫び声ですぐにオイカちゃんとわかる。一番奥のカーテンの向こう側にまだチューブが足に繋がれたままのオイカちゃんが立ち上がって暴れている。私を見つけてまた絶叫。

「マ~~~~~~~~~~ミ~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!」

麻酔のせいか声がガラガラで、ずっと泣き叫んでいたんだろう、涙と鼻水で顔がぐちゃぐちゃ。余りにも可哀想で飛んで行って抱き上げる。これ以後私が下ろそうとすると絶叫するのでずっと抱っこする羽目になるのだが。

さぞかし心細かったんだねぇ、知らない場所で知らない人に囲まれてさぞかし怖かっただろう。

手術をしてくれた先生が来て一通りの説明がある。手術は無事予定通りに終わって、矯正の為のワイヤーを入れる事もなく、複雑な手術でもなかったようで来週の水曜日にチェックにいらっしゃいと言う以外は特に何もないようだった。

実は今年は家族で年末約3週間弱、日本に帰る事にしたので術後約2週間でのフライトは大丈夫かとかもし日本で傷が悪化したら、とか色々質問したのだけど、「日本ではこれはcommon(一般的)な手術だしね。日本の先生はよく知っているはず。今後10日の間に感染症にかかりさえしなければ問題ないでしょう。」とのこと。そう願いたい。

病室に帰って来てしばらく抱っこしていたら腕の中で眠ってしまったのでそっとベッドに置く。遊んでいたゴジラくんがやってきて、「あ~~~オイカちゃん♪♪」と嬉しそう。朝早くて疲れているのもあって多分これから2,3時間は寝るだろうとのことで、旦那、仕事に行ってしまった・・・_| ̄|●

それからはゴジラくんと遊んだり、なんやかやしていると3時間後にオイカちゃんが目覚めて起き抜けに、「ぱん!」。そ、そうだよね、お腹空いてるよね。そして持って来た食パン5枚一気食い。(大汗) 次にバナナ、次にレーズン、で麦茶を約200ml一気飲み。

どんだけ・・・
f0137274_7582345.jpg


麻酔から覚めて4時間は病院にいなきゃいけない。(はい、日帰り手術です) そしてちゃんとオシッコとウンチが出たのを確認しないと退院させてくれないのでちょっと焦る。オシッコはともかくウンチはこの子、家以外ではしないんだよな・・・。ナースに聞いても、「それがここのポリシーだからウンチが出るまでは今日はここに入院してもらうことになるかも。」とのこと。オイカちゃん自体は順調なようで、周りのベッドにいる術後の子達(耳の手術だったり、目の手術だったり色々)と比べてもかなり元気そうではある。

でも病室には一人しか付き添いで泊まれない-旦那がゴジラくんを連れて帰らなきゃいけない-明日は旦那は会社を休めないのでゴジラくんが路頭に迷う-どうしてもオイカちゃんを連れて今日は家に帰らなければ!という事で病院側と交渉してもう少し様子を見てから、大丈夫そうだったら帰しましょう、という事になった。

その頃には旦那も会社を引き上げてまた病院に戻っていたので旦那とも話してもらって、やっと退院の許可が下りる。下りたはいいが時間はちょうど5時。

ラッシュアワーもいいところ・・・。

オイカちゃんが比較的元気なのをいい事に、タクシーで始発の駅まで行ってから電車に乗り込む。案の定どんどん通勤客が乗って来てすし詰め状態。とほほ。なんとか家に辿り着いてみんなでぐったり。あ~長い一日だった!

驚いた事にオイカちゃん、病院でもらって来た痛み止めの薬を一度も飲んでいない。赤ちゃんだから痛みに鈍いのか!?骨削ったんだよね!?!?

家に着いた途端にオイカちゃんもゴジラくんも狂喜乱舞。そんなに家が恋しかったか・・・。オイカちゃんも今までの不機嫌さが嘘のよう。私への抱っこ攻撃もなくなった。緊張してたんだねぇ。よく頑張った!

良く頑張ったと言えばゴジラくん。一日中退屈で眠たくて嫌だっただろうにあんまりキーキー言う事もなく、むしろ遊んでくれた先生に、「Beautiful manner!」なんて褒められちゃったくらい「プリーズ」も「サンキュー」もきちんと言えたよう。何が起こっているのか理解できていたとは思えないけど、あまりの態度の良さにママは惚れ直したよ!最近態度が悪い事の方が多かったから余計に嬉しかった。

この手術に当たって周りの人の優しさが本当に身に沁みた。

前日、当日に励ましのメッセージを携帯に送ってくれた友人、家族、近所の人たち、
当日のゴジラくんを預かってくれると申し出てくれた友人たち、
家に帰って来てからすぐ食べられるようにとご飯を作ってあげると言ってくれた友人、
当日の朝、6時前に駅まで車で送ってあげると言ってくれたママ友達、
なんでもお手伝いするから言って!と何度も声をかけてくれた友人たち、
手術がうまく行くように祈っていると言ってくれたクリスチャンの知り合いたち、

みんながみんな、うわべだけではない愛情を注いでくれているのを感じて嬉しかった。朝5時半に迎えに行くと言い張る韓国人ママに、「そんな時間に頼めないよ、絶対やめて!嬉しいけどそれは甘えすぎだから」というと、「アナタのためじゃない、オイカちゃんのためだよ!」とたしなめられたり。「旦那だって、『もちろんそれくらいの手助けはするべきだ!』って言ってるのよ。」

結局丁重にお断りしたのだけど、2ヶ月前にナーサリーで知り合ったばかりの彼女がそこまで言ってくれるなんて、私は恵まれているなぁと思わずにはいられない。

丸一日経った今日もオイカちゃんは相変わらず痛がる様子もなく普通に過ごしている。右利きだとは思うけど、前から左手をよく使っていたので今も包帯をぐるぐる巻きであまり動かせない右手はほとんど使わず左手だけで生活している。指を吸うのも左手なのでちょうど良い。このまま順調に回復してくれる事を願うばかり。

長くなってしまったけど読んでくださった方ありがとうございました。ここまで全部書いていいものかとも悩みましたが私にとってもオイカちゃんにとっても家族にとってもこれは人生の一ページ。なにも恥じて隠すような事ではないと考えました。家族4人がこれからも幸せに生きていける事を願って!
f0137274_8242145.jpg

包帯が分厚くて長袖が着られないので半袖を着て、寒いので出ている左腕はレッグウォーマーをしています。
[PR]
トラックバックURL : http://mashka.exblog.jp/tb/9779785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akkoyo78 at 2008-11-29 08:56
すっかりご無沙汰してしまってごめんなさい。
オイカちゃん手術が無事に終わって本当に本当に本当によかった。
オイカちゃん本当に本当によくがんばったね。
この日記を読んで涙が止まりませんでした。
オイカちゃんも、ゴジラ君も、matoryoshkaさんも、もちろん旦那様も本当にお疲れ様でした。
このまま術後の経過も順調に行くことを心から心から祈っています。
私は明日から一時帰国するの。matoryoshkaさん達も帰るんだね。
新年になったら是非とも遊びましょう♪
Commented at 2008-11-29 09:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by azenozo at 2008-11-29 12:08 x
オイカちゃん、がんばったね。
術後の体調もばっちりなようでなにより。
こういう、”いざ!”って時にはゴジラ君もお行儀よくしてお兄ちゃんだねえ。ゴジラ君もがんばった。
それになにより、matoryoshkaさんもお疲れさまでした!
自分自身のことより家族のことのほうが気持ち的にも大変なんだよね。なんてったって我が子のことならなおさら。
でも、周りにも遠くにもたくさん心配して,助けてくれる人たちに囲まれてるmatoryoshkaさん。これからも元気にどこでだって暮らしていけそうです。(←これって、すごいと思う!本当に。)
旦那様、そんな日にも仕事をこなしちゃうなんて、すごすぎます。一家を支えてるんだねえ。
うわー、無事に手術が成功してよかった!本当によかった!
年末の日本で羽をのばしてください。いや、忙しく楽しむ方が先決?ともあれ、一家揃っての日本を楽しんで下さい。
p.s. 私の次回渡英は2月に決定。是非会いたいです。
Commented at 2008-11-29 18:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-11-29 18:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by matoryoshka at 2008-11-29 19:40
>akkoyoさん
どうもありがとう!今日から日本に帰るんだね。久しぶりの日本、満喫して来て下さい。心配していた麻酔も大丈夫みたいだったし、ちょっとNHSを見直しました。看護婦さんもとってもいい人だったし。今度会う時は5本指です!(苦笑)
Commented by matoryoshka at 2008-11-29 19:43
>鍵コメJさん
どうもありがとう!
え・・・Jさんそんなこと言ったっけ・・・。すっかり忘れていました。むしろいつも娘の事を可愛がってくれるJさんには感謝しているくらい。Jさんを責めるかのような書き方をしてしまったね、こちらこそごめんなさい!
日本は13日に出発です。2週間後だからその前に会うのはちょっと無理だけど1月にゆっくり会いに行くよ。1月からは息子のナーサリーも週5日になるので週末泊まりがてら行っちゃおうかな?楽しみ~♪
Commented by matoryoshka at 2008-11-29 19:50
>azenozoさん
いつも気にかけてくれてどうもありがとう!無事に終わりました。私だったら痛がってヒーヒー言ってそうなものなのに、赤ちゃんて意外と強いんだねぇ。
私、どこででも生きていけるでしょうか・・・。いや、ロシアでは・・・無理・・・かも。(苦笑) 旦那、まぁ時期も時期なので休めという方が酷ではある。でも一緒に3週間日本に帰れるだけでもいいと思ってます。2月、再開できるのを楽しみに待ってるよ~♪
Commented by matoryoshka at 2008-11-29 19:52
>鍵コメSさん
ご心配をおかけしました!
え・・・似てきました?鼻から口・・・それは私に似て鼻が低いっちゅーことでは・・・汗
Commented by matoryoshka at 2008-11-29 19:55
>鍵コメMさん
温かいお言葉ありがとうございました。
そうなんですよね、エコーでと言われても・・・無言。
何がどうなっていても我が子は我が子。可愛い事には変わりありません。Mさんのお言葉でハッと気付かされました。そうでした、周りへの感謝の気持ちをわすれてはいけませんね。ありがとうございました。
Commented at 2008-11-29 23:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-11-30 00:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-11-30 02:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by norrieseire at 2008-11-30 04:13
オイカちゃんよくがんばりましたね。それにゴジラくんも(笑 

そしてmatoryoshkaさんも本当によく頑張りました!! お会いした事はありませんがきっとmatoryoshkaさんの人柄なんだろうなと思います。そうやってたくさんの人たちに励ましてもらったりヘルプを申し出てくれ方々がいるって、異国に住んでいると心強いものですよね。本当に大切にしないとなぁと私自身も強く感じます。

オイカちゃんの経過がよく、無事日本帰国ができるのを祈っています。楽しんでくださいね。温泉なんか、湯治という事でいいんじゃないしょうか(笑

Commented by kay at 2008-11-30 04:59 x
オイカちゃんの手術が無事に終わってよかったですね。
本当にオイカちゃん良く頑張りました!
そしてmatoryoshaさんお疲れ様でした。
涙があふれて最後まで読めなくてあとでまた戻ってきて読ませてもらいました。
家族が近くにいない状況で周りのサポートは本当にありがたいですね。でもこうやって多くの人が申し出てくれるのはmatoryoshkaさんのお人柄こそあってだと思いますよ。
オイカちゃんの術後の経過が順調に進みますようにお祈りしています。
Commented at 2008-11-30 05:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-11-30 05:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あっちゃ~ん at 2008-11-30 06:02 x
ご無沙汰してます。。こないだ久しぶりにコメントを書かせてもらおうとしたのですが送信の一歩手前でPCがボン!(涙)
今の記事をみて何だか涙が止まりませんでした。。オイカちゃんもお母さんもゴジラ君もみなさん頑張ったんですよね。家族で皆でね。
オイカちゃんの経過が順調に進む事をお祈りしてます。周りのサポートが良いのはきっとmatoryoshkaさんが良いからですよ!私はお会いした事ないですけどBlogからmatoryoshkaさんがステキな方だということがプンプン伝わってきます。^^だからここのBlogに遊びに来るのが大好きです。日本を満喫してきてくださいね~☆
Commented by matoryoshka at 2008-11-30 08:18
>鍵コメMちゃん
どうもありがとう!ご心配をおかけしました。
担当のナースがとっても優しくて助かった。前のベッドの子は可哀想なくらいやな感じのナースだったから。運だよね、ほんとに。でも娘は生まれた時から周りにいい人ばっかりなんだよね。ラッキーな子だと思います。もう来週だよ?ちと心配ではあるが・・・金曜日、お待ちしています~!
Commented by matoryoshka at 2008-11-30 08:20
>鍵コメ1号さん(←全然鍵コメになってない・・・笑)
ありがとうー!
結局トランポリンもなんのその、元気にジャンプジャンプしています。(笑) 日本で会えるのを楽しみにしているよ♪
Commented by matoryoshka at 2008-11-30 08:31
>鍵コメPさん
温かいお言葉、ありがとうございました。
ご主人の手術もいかがでしたか?もう終わったんでしょうか。こちらも順調に行く事を願っています。
Pさんにそんなこと言われましたっけ?もし言われたとしてもモノは言い様で、その後の接し方によっても微妙に関係してくるんですよね。私に傷つく事を言った人たちは私のブログなんて見てないような人たちなんですよ。それくらいあんまりお付き合いのない人なんです。だからPさんに気を遣わせてしまったことお詫びします。
Pさんのお里帰りはいつでしたっけ?無事に旅券が申請できるといいですね。(それにしても北海道は寒いでしょうなぁ・・・) お体に気をつけてお過ごし下さい。
Commented by matoryoshka at 2008-11-30 08:39
>norrieseireさん
温かいお言葉、ありがとうございました。
全く関係ないですが今norrieseireさんのところで見たLadder49を借りて見終わったばかりなんですよ。ホアキンファンなもので。ぐふ。
わ、私の人柄ですか~(赤面) そんなことは決してないです。このブログでも明らかなようにいつもブツクサ文句ばかりで世のため人のためになるような事はできていません。(とほほ) でも今回私がもらった周りのみんなの愛情をまた誰かに注いでいくのが使命だと思っています。
温泉行きたい~!!でも娘は多分腕がお湯に浸けられないので私が代わりに満喫してきましょうか♪>違
Commented by matoryoshka at 2008-11-30 08:47
>kayさん
コメント嬉しかったです。ありがとうございました。
多分kayさんは娘と同い年のそれも同じ女の子のママということで、余計に姿を重ねて見てしまったんでしょう。でもホント、あの必死の抵抗を押さえつけるのって、まぁ歯医者さんくらいだったら笑って許せるでしょうが、なかなかハードな体験でした。娘は大きくなって覚えてはいないでしょうね。そう願いたいです。
私の人柄は棚の上にでも置いておいて・・・(苦笑)
いやいや、ホントにそんなにおっしゃっていただくような立派な人間じゃないですよ。トホホです。トホホ。
でも周りのサポートは本当にありがたいです。
「あなたは義理の家族もここにいないんだから、私がお母さんの代わりになってあげる!」とまで言ってくれている年上の知り合いまでいて心強いです。
いつか子供同士を遊ばせられる日が来るといいなぁとそればかり願っています。
Commented by matoryoshka at 2008-11-30 08:52
>鍵コメHさん
まずは今日お誕生日、おめでとう!
そして温かいコメント、ありがとうございました。
私はHさんの言葉でムッとしたり傷ついたりしたことなんてないよ!それどころかいっつも気を遣ってくれてるじゃない~!手術の事は私が言ってなかったんだし、今、そうやってヘルプを申し出てくれるだけで嬉しいです。ありがとう。いや、Hさんがそれ以上素敵になられると周りのみんなが困ると思う。(笑) Hさんも私の大事なお友達。これからもどうぞよろしくお願いします。
クリスマス会??え~新年会にしてよ!(苦笑) どちらにしても年が明けたら今度こそまた遊ぼうね。
Commented by matoryoshka at 2008-11-30 08:58
>あっちゃ~んさん
コメントありがとうございました!PCの調子が悪いと嫌ですよね。うんうん。
子供が小さければ小さいなりに、大きければ大きいなりに心配の種は尽きませんが、まずは麻酔からも無事に覚めて(旦那はこれが一番心配でした・・・だから麻酔から覚めたら仕事に直行!苦笑)、手術も今のところ無事に済んだと言う事でとりあえずは安心して年が越せそうです。
いやいや、本当に私が素敵だなんてとんでもないです。(赤面) なぜか周りにいい人が集まって来るんですよ。ありがたいことです。またお気軽にコメント残してくださいね。お待ちしています。
Commented by tatsukoy2 at 2008-11-30 15:52
遅くなってごめんなさい。オイカちゃん手術したんだねーー。
元気そうで何よりです。無事に成功おめでとう~~!
オイカちゃんも頑張ったけど、ゴジラ君、いい子だったね!
いざというときにちゃんとできる子なんだよね。
2人ともmatoryoshkaさんの自慢の子だね!!
これからも家族全員で健やかに過ごせるように祈ってます。
Commented at 2008-11-30 19:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-11-30 20:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by matoryoshka at 2008-11-30 22:05
>Tammiさん
コメントありがとうございました。
あれで息子が病院でキーキー言いっぱなしだったら本当に大変だったろうと思います。子供病院だけにおもちゃは数も種類も豊富な上に、この日は誰も遊んでいなかったので息子もおもちゃをシェアするというストレスがなかった分、リラックスして遊べたんだと思います。これからも何があるかわかりませんが、毎日を大切に生きて行きたいと思っています。
Commented by matoryoshka at 2008-11-30 22:09
>鍵コメYさん
ありがとう!手術、何週間か前に急に決まったのでわざわざみんなには知らせなかったの。会った人だけに話したと言う感じ。だからYさんにも事後報告になってしまってごめんね。なんとか無事に終わってホッとしています。娘は結構毎日元気に過ごしているので(ホントに痛み止め一度も飲まなかった!)、来月は普通に会えると思います。息子のナーサリーが週5日になるから土曜日とかになっちゃうけど・・・。良いお年をね!旦那さん、お仕事休めるんでしょうね!?年末くらいは。
Commented by matoryoshka at 2008-11-30 22:16
>鍵コメLさん
はじめまして!いつも読んでくださっていたんでしょうか。ありがとうございます。そうですか、おばあちゃんが。足の場合はそのまま残しておく人もいるみたいですね。でも多いのと反対に指の数が足りなくて生まれてきたり、くっついて生まれてきたり、色々あるみたいです。うちは取れば5本指になったのでまだラッキーなケースだと思っています。これから右手が思うように動くようになるとよいのですが。
またそちらのブログにもお邪魔しますね。これからもお気軽にコメント残してくださいませ♪
Commented by ゆりぽん at 2008-12-01 02:09 x
うっうっうっ、私も涙しながら読みました。
オイカちゃんもゴジラ君も頑張ったねー、えらいえらいのハグを私の分までしてあげてくださいね。

matoryoshkaさんのお友達は素敵な方ばかりですね。
お引っ越ししてまだ数ヶ月なのに、そんなにお友達が出来るなんて。
心ないことを言う人って、やはりそういうことをいつか言われる立場にならないと分からないのでしょう。
しかも子供の体のことなんて、親に取っては一大事だし責任を感じてしまうことなのに。感じなくても良いのですけどね、本当は。
前にもお話ししましたが私もオイカちゃんとは形はちょっと違えど指に軽い設計ミスがあった一人なので、オイカちゃんには親近感が湧いてしまいます。
私の場合、手術の時は周りがあたふたしていたのを覚えてますが、オイカちゃんはママがしっかり抱いてくれて嬉しかったでしょうね、良かった良かった。これからもきっとすくすく成長して行くことでしょう。陰ながら見守っています。
Commented by mr-mama at 2008-12-01 05:53
コメントが遅くなってしまいましたが、オイカちゃん、手術ご成功おめでとうございます。
読みながら涙が止まりませんでした。

ごめんなさい、私はこの記事を読むまで多指症を知りませんでした。告知された時のmatoryoshkaさんご夫婦の心情を考えるととても不安だったのではないかと思います。
でも、こうやっていい先生に出会い、手術が成功してさぞかしホッとされていることでしょう。
親戚がいない異国の地で子供の手術、周りの方たちのあたたかい励ましとサポートが、きっとmatoryoshkaさんの力にもなったのでしょうね。
ゴジラ君のお兄さんぶりにも拍手です。皆さん本当にお疲れ様でした。
楽しい一時帰国になるといいですね。
Commented by me-you-key at 2008-12-01 07:31 x
ご無沙汰しています。ずっと以前にお会いした時オイカちゃんの手術は赤ちゃんのうちにするというお話を伺い&以前検診にいった記述があったので、もうすぐなのだろうかと時々ブログを拝読しながら思ったりしていました。
手術の成功、おめでとうございます。術後の回復もオイカちゃんのことだから、順調にいくことでしょう!本当にご家族みなさん、おつかれさまでした!!
日本での3週間、ゆっくりと骨休めして、おいしいものを沢山食べてきてくださいね。年末年始のご帰国、うらやましい〜。私はまたターキー焼くんだろうな(笑)。

Commented by matoryoshka at 2008-12-01 07:33
>ゆりぽんさん
コメントありがとうございました!
ありがとう、一緒に泣いてくれて。これから順調に回復していく事を願うのみです。そうでした、ゆりぽんさんも手術をしたんですよね。娘がどこまで覚えているかはわかりませんが、指の事を隠そうとは思っていません。実際傷跡は残りますし。
心無い言葉というか、子供を産むと五体満足で生まれてくることがどんなにすごいことかってわかると思うんですよ。誰だって妊娠中に多少の心配はするものですから。だから余計に妊娠しないとその気持ちってわからないのかなと思った次第です。あとは自分の子供がパーフェクト!って思ってるお母さんにもそういうこと言われましたね。「自分の子供じゃなくて良かった!」って顔に書いてありましたよ。(苦笑) まぁ私の友達でもないですから忘れれば良いことなんですけどね。
以前住んでいた所より近所に日本人の方がたくさんいるのでその分そうやって声をかけてくれる人も多いんだと思います。嬉しいことです。甘え下手なので結局全部お断りしちゃうんですが・・・苦笑
Commented by matoryoshka at 2008-12-01 07:45
>mr-mamaさん
温かいコメントありがとうございました!
多指症、日本では多分あまり馴染みがないですよね。ご存じなくて当然です。身の回りにそういう人がいないと余計に知らなくて済んでしまうような事ですから。
生まれてすぐに助産婦さんが「あぁ、このベイビーはエキストラフィンガーがあるわね♪」と普通につぶやいたのですが、私はそれで目の前が真っ暗になり、娘を初めて自分で抱いたのは生まれてから1時間以上も経ってからでした。酷い母親ですよね・・・苦笑
旦那がずっと抱っこしながら、「ほら見て!こんなBeautifulなBaby見たことないよ!ボク幸せだなぁ~、こんなBaby産んでくれて本当にありがとう!」という言葉で初めて顔を見る気になったんですが。いや・・・どこがBeautifulやねん!と突っ込みいれたくなるほどぶっさいくだったんですよ、この子。今ではこんなに可愛くなっちゃいましたけど。(あはは)
とにかくこれから右手がどれくらい使えるようになるのかわかりませんが、ピアニストにさせるつもりもないので(笑)ゆっくり見守ってやりたいと思っています。
Commented by matoryoshka at 2008-12-01 07:50
>me-you-keyさん
おぉ!お久しぶりです!
やっと手術しましたよ~。娘は生まれてすぐからそうであったようにどっしり構えて落ち着いた子なので、まぁこれからも大丈夫なんじゃないかと気楽に考えています。まぁ態度のデカさは1歳5ヶ月にしてアッパレなほど。息子をしのぐ貫禄です。
年末年始、子供&旦那にお餅つきも体験させてやりたいし、日本食が大好きだと豪語する旦那におせち料理を食べさせたり(絶対苦手に決まってる)、満喫してこようと思います。娘の手の事があるので無理はさせられませんが。よい年末年始をお迎えくださいね♪
Commented by NinjaCat at 2008-12-01 09:24 x
多指症っていっても、「障害」という言葉でくくられるような症状かどうか疑問に思うのだけど、「人と違う」って言う意味では、心無い反応をする人がいるのが、つらいというか、、、
 手術成功してよかった! 読んでいて感動しました。本当、家族のひとコマでした。こんなことやあんなことがあって、家族って深くつながっていくのね。Matoryoshkaさんの家族への愛情も、ものすごく感じた!! やっぱりいいお母さんだよなあ。自分と自分の家族を見直すいい機会になりました(笑)ありがとう。
 オイカちゃん、ほっとした表情がすごくかわいいです。そして食欲にびっくりです(笑)、うちのN君も良く食べるけど、そこまで食べられないな、器の大きさを感じるわ。オイカちゃん、きっと大物になるぞーー、楽しみだわー。
 日本での生活、ゆっくり楽しんできてね。
 また再会できるのを楽しみにしております、、、、
Commented by me-you-key at 2008-12-02 05:21 x
ふたたびお邪魔します!ちょっとだけお伝えしたいことがあって追加です。
>>とにかくこれから右手がどれくらい使えるようになるのかわかりませんが
ってありますが。子供の友達のおとうさんは左手のかたちが他の人と違います。ヨーロッパ人に多いと書かれていた、指の数が足りないタイプです。でもそのおとうさん、ものすごーく器用で、子供部屋の家具からおもちゃまで全部彼が作っているほどなんです。木の切りくずを再利用して小さな動物のオーナメントまで作っちゃう。その可愛らしいことといったら。特に努力して手を使うようにして、その器用さを得たのかもしれませんが、彼をみていると不可能ってないんだなあと思います。
>>日本食が大好きだと豪語する旦那におせち料理を食べさせたり(絶対苦手に決まってる)
(笑)。うちも納豆もこんにゃくもなんでも食べますが、おせちだけは閉口しておりました。いや、最初の1、2日はいいんです。でも3日め以降になってきたら「また朝からこれ食べるの。。?」と言葉にはしないものの、目がそう語っておりました。
ではご家族団らんの素敵な年末年始をお迎えください!
Commented at 2008-12-02 23:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by llmaman at 2008-12-03 04:59 x
こんにちは。遅ればせながら、昨日はじめてオイカちゃんが手術をした事を知りました。オイカちゃん,ゴジラ君、matoryoshkaさんもお疲れさまでした。なんだかこれでまた一段と家族の絆が強まった感じですね。
一つ、一つのハードルを家族で力を合わせて乗り越えられるって、最高。幸せな事ですよね。私も、周りに頼れる人がいないので、自分で頑張るしかなくって、でも時々日本の母が近くにいてくれればなんて思ったりして泣けてくる時もあるけど、matoryoshkaさん家族も異国で頑張ってるんだなーって思って前向きにガンバリます。
日本は、この年末ですね?日本のクリスマス+お正月楽しんできてください。エセ?関西人、実は私もですよ。
オイカちゃんの笑顔サイコーx2です。

Commented by matoryoshka at 2008-12-03 05:50
>Ninjaさん
ご無沙汰してしまいました!
6本が5本になってハイ、これでおしまい、とは行かないのが現状だとは思います。軟骨が伸びてきたりして再手術になったりとかなんとか。でも本当に嬉しいことに私の周りの方々(Ninjaさんも含め)、娘を可愛がってくださるので私は救われています。
私の愛情を感じてくださいました?(笑) やっぱり自分の子は可愛いですからどこまでも守ってあげたくなりますね。娘はこれでも最近やたら好き嫌いが出てきて困ってしまいます。そのうち息子のようになるんでしょうか・・・。ま、私の娘ですから食いしん坊に育つことには変わりなく。(笑) 年が明けたらまた遊びに行きますね!
Commented by matoryoshka at 2008-12-03 06:45
>me-you-keyさん
コメントありがとうございました。そんな方もいらっしゃるんですね。とても心強いです。目が見えなくてもプロのピアニストやヴァイオリニストになる人がいるように、本人と周りの努力次第で不可能も可能になるのかもしれません。そう思うと娘の将来も楽しみです。
旦那(も、私も・・・)納豆は食べられませんが、私も旦那も純和風の物が苦手なのです。お豆腐とか。だからお正月は私もお餅以外いつも食べる物がなかったのを思い出します・・・。いや、多分自分でおせち料理を作ったら食べるんだと思いますが。今年は挑戦してみようかな~
Commented by matoryoshka at 2008-12-03 06:46
>鍵コメAちゃん
ありがと~!帰ったらゆっくり話ができるかしらね?
楽しみだよ~♪
Commented by matoryoshka at 2008-12-03 06:53
>llmamanさん
コメント、ありがとうございました。
え?llmamanさんもエセ関西人なんですか?(笑)
私は四国なんです。ね?エセでしょう?あっはっは。
今まであんまり周りの人のおかげで私、生活できてるんだって感じてなかったんですが、今回の事があって身に沁みました。日本に住んでいてもこれだけのヘルプは受けられなかったんじゃないかなと思います。私が一番、「側にいてくれたらな~」と思うのって誰だろうと考えましたが、やっぱり旦那です。だっていつも必要な時にいないんですもの。(苦笑) 息子の行動に最近頭を抱えていましたが今回のことでなんだか子供たちにとっても優しくなれている自分がいます。特に娘が今、お風呂に入れないので身体を拭いてやって先にベッドへ入れて、息子を一人でお風呂に入れているのですが、これが息子が大喜び。私を独り占めできてる気になっているようで。雨降って地固まる。そんな言葉が頭をよぎります。

そちらのブログに鍵コメさせていただきました。読んでください~
Commented by kc at 2008-12-06 07:29 x
手術、本当におつかれさまでした!無事成功された様子、私もすごく安心しました。(オイカちゃんが2歳になる前に手術されるとは伺っていましたが、それが今年中とは思い至らず、先日別件でメールを差し上げる機会があったにもかかわらず何らの言葉もお掛けできず、たいへん失礼しました。また、ブログを拝見したのが気が付いたら久しぶりになってしまい、こんなに遅いコメントになってしまったこと、本当にごめんなさい!)

<文字数を超過してしまいました、下へ続きます>
Commented by kc at 2008-12-06 07:41 x
matoryoshkaさん、これまで複雑でつらい思いをたくさんされてきたことと思います。「人の目が怖い」、そんなふうにことさら意識していなくとも、また意識して気にするまいと努めたとしても、その気持ちは消えることのない重圧として心にのしかかっていたのではないでしょうか。(私事で恐縮ですが、娘が以前重いアトピーを患っていた際にいろんなことを考えさせられたので、こんな勝手な思いを巡らせているのです。もしmatoryoshkaさんに当て嵌まらないことでしたら、予めお詫びいたします。)今回の手術を、オイカちゃんの頑張りはもとより、ご家族の一致団結で乗り越えられたことで、そんな心の重圧も徐々に晴れていくだろうと思うと、他人事とは思えない安堵感と嬉しさが込み上げてきます。本当に本当におつかれさまでした!!!

書きたいことがいろんな方向へ膨らんできて、まとまらないコメントですみません。オイカちゃん、その後も順調に回復されていますように。日本での年末年始をどうぞ満喫していらして下さいね!来年またお目に掛かれることを、今から楽しみにしています。
Commented by matoryoshka at 2008-12-08 23:49
>kcさん
お返事が遅くなってしまってごめんなさい!
温かいコメント、ありがとうございました。ジーンと感動しております。
手術のことは大っぴらに言う事でもないかと思って言ってなかっただけなので全く気になさらないで下さい。私も事後報告のつもりでこのエントリーを書きました。多分kcさんほどは娘の事を深く考えていない駄目親ですが、その指の事があるからと言って自分を卑下しないたくましい人間に育って欲しいというのが私の願いです。旦那の方が人の目を気にするので近い将来整形手術を受けさせるだの色々言ってますけども。大きくなるにつれて私より本人が苦労する場が多くなると思うんですよ。私が代わってやれないかわりに出来る事は娘を娘として愛することしかないんじゃないかと思っています。親の愛情を一杯受けて育つことが子供にとっては一番の自身につながると思うので。

とまぁ偉そうなことをつぶやいておりますが、また色々子育ての悩みなどお互いにぶっちゃけられたら嬉しいかなと思ってます。(笑) 1月に是非また遊んで下さいね!良いお年をお迎え下さい。
by matoryoshka | 2008-11-29 08:36 | Trackback | Comments(48)