すっかり春!日の入りは8時半。明るくて嬉しい♪


by matoryoshka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

異国の地で子育てするということ。

にらめっこしましょ、あっぷっぷ~♪
f0137274_4454211.jpg

・・・っと膨らませているかのようなこのほっぺた。どうなんだろう、これは。口すら見えない。
いや、ほっぺたの写真を撮りたかったのではなく、鼻のカーブがすごいなぁと素直に感心したから。私が赤ちゃんの時の写真なぞ見ると正面から顔を壁にぶつけたかのようにまっ平らだもんなー
やっぱりハーフは違う。
f0137274_584461.jpg

今日も暑かった。こんな日はアイス・カラメルマッキアート。フラッペチーノより氷の入ったこっちの方がさっぱりして私好み。これのホットは甘すぎて飲めないが。
f0137274_511674.jpg

水を見ると遊びたがるので今日は外で思いっきりやってくださいとちっちゃいプールを出した。バケツからプールに水を移し変えるだけで楽しいらしい。いつまでこんないいお天気が続くかな?
f0137274_5134693.jpg

まだ冷凍庫に大事に取ってあったニューモルデンのお肉。今日はカルビ。最初見た時は「骨ばかり??」と思ったが、実は骨の周りにぐるぐるとお肉が巻かれてあった。細かく切れ目を入れてくれてあるので食べやすい。実は私はあまり焼肉と言うものを食べに行ったことがないのでよくわからないのだけど、カルビって豚肉におけるバラ肉って感じなのかなぁ。脂があって美味しい所だ。

昨日は小学校時代の恩師がロンドン観光に来ていると連絡をもらって、アールズコートまで子供らを乗せて車を飛ばして会いに行った。団体旅行お得意の朝から晩までびっしりスケジュールのおかげで私が先生に会えるのは昨日の夜のみ。二人とも夕方から疲れてきて愚図りがちだし、寝るのも早いから会いに行くのは無理があったが、先生がロンドンに来ることはきっともうない。私が今度日本に帰る頃には二人とももう赤ちゃんじゃなくなっているだろう。今、この時の二人を見てもらいたくて「一日だけ我慢してくれ~~!」と二人に言いながら6時にホテルのロビーで待ち合わせをして約2時間、お喋りをすることができた。

もちろんその間、退屈しきったゴジラくんはロビーを所狭しと走り回るわ、オイカちゃんは眠いのと知らない人ばかりに抱っこされ続けて段々不機嫌になって愚図り出すわで私も気が気じゃない。先生は「どこかでご飯でも・・・」と言ってくれたけどとてもそんな状況じゃないんです・・・(涙)
「異国の地でたった一人で子育てしてるんだものねぇ・・・なんだか不憫でしょうがないわ」と言われてしまった!は・は・は・・・ いや、確かにうちは母子家庭ですけどねぇ。
旦那も私もこの国には親戚の類がいないので、まぁ頼れる人が近くにいないと言われればそうだけど、勝手に自分で決めてロンドンで生活することを選んだ私たち。今の生活に全く悔いはない。両親にしてみても「文句があるなら帰ってこい」と思うだろう。それに「隣3軒両隣」の近所づきあいはなくても日本人の友達もいるし、助けを求めれば手を差し伸べてくれそうな友達もいる。

・・・と言うわけで私たちはガンガン前向きに生活していますのでご心配なく。>母上様(笑)

家にたどり着いたのは9時過ぎ。本来なら二人とも夢の中にいるはずの時間。
オイカちゃんはお腹が空いて帰りの車で泣き叫びっぱなしだったので、床に転がって今にも寝そうなゴジラくんを置いておいてオイカちゃんにおっぱいを飲ませる。それから前日に足を怪我してお風呂に入らなかったゴジラくんを半ば無理やりお風呂に入れる。で、寝かせつけてから今度はオイカちゃん。夜10時に乳児をお風呂に入れる母。鬼だな、鬼。

二人が寝てからお腹が空いていた私はレトルトのカレーを食べる。が、これがいけなかった。ちょっと辛かったのだがこの後からオッパイを飲んだオイカちゃん、嫌がって飲んでくれない!やっぱりお母さんが食べるものに母乳って左右されるんだと深く後悔した夜だった。ほぼ夜通し泣き喚かれてこっちもヘトヘト。6時半に旦那を見送った辺りからオイカちゃんが寝てくれたので私も寝に入ったら気が付くと既に9時。ゴジラくんが「マ~~~~ミ~~~~!!!!!!!」と絶叫していた。
[PR]
トラックバックURL : http://mashka.exblog.jp/tb/6234966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mr-mama at 2007-08-30 06:32
異国の地での子育ては本当に周りの友人に支えられてできているような気がします。いつもブログを拝見していて、本当にmatoryoshkaさんは旦那様にも気を配りながら一人で夜も起きて、美味しそうなお料理を作り、かなり尊敬しています。見習いたくても私には無理…。
それからオイカちゃんはカレーを食べた後のオッパイは飲んでくれないのですね。我が子供達は2人とも、なにを食べようがかぶりついて、飲んでいました(笑)。オイカちゃん、グルメだわ~。
Commented by matoryoshka at 2007-08-30 07:23
>mr-mamaさん
私だけじゃなくて二人や三人の子育てを誰にも頼らずやっている人はたくさん世の中にはいるわけで、私も自分が特別可哀想とは思ったことないですが、親にしてみたらいくつになってもやっぱり子供のことは心配みたいですね。はは。
多分昨日のあの拒否振りはカレーだと思うんですけどねぇ。でもこの間明太子食べた後は大丈夫だったなぁ・・・ 息子はかなり神経質でしたが、娘までそうならないといいなぁと思っています。
Commented by l-mama at 2007-08-31 04:00
今日はありがとう。
また、来てね~。

水遊び、楽しそう。

Commented by czekoladkanew at 2007-08-31 17:20
先週はいいお天気の日が多かったですね。また寒くなってきてしまいましたが、、、

オイカちゃんのほっぺた、かわいらしい!!お肌も色白で綺麗だし(チビちぇこは色黒?でアレルギー反応を示してるのかブツブツもいっぱいあります。)、スリスリすると気持ち良さそうですね(^^) そうそう、ミックスちゃんのお鼻って眉間の辺りからもこっとしていて、ラインが綺麗ですよね。まつ毛もくるりんだし、うらやましい限りですわ~(笑)
異国の地でのくだり、最近良く考えます。夫婦どちらかの家族がそばにいたらもうちょっとラクだったのかなぁとか。特に、寝れない日が続いたり、思うようにお出掛けできなかったりすると、、、(^^; でも、matoryoshkaさんがおっしゃっているように、ここに住むこと、子供を作ることは自分達が選んだことだし、こうして頑張っている人は他にもたくさんいるわけで、弱音を吐いてちゃ駄目だな~と。シングルマザーでやってる人もいるんですものね。自分の生活が変わってしまうことも、子育てには付き物で、代わりに得られるものもありますもんね。
matoryoshkaを見習って私も頑張ります(^^)
Commented by matoryoshka at 2007-09-01 06:25
>ちぇこらどかさん
息子は乾燥肌なのかほっぺたも腕もガサガサなのですが、娘はすべすべでホント触っていて気持ちいいです。異国の地での子育て、ちぇこらどかさんの所もうちと同じ状況ですよね。「義両親が見ててくれて~」なんて聞くとすごく羨ましいですけど、その分いろんなお付き合いの苦労とかありそうだし、どっちもどっちかもしれませんね。家族の土台はまず夫婦の歯車がきっちり合っている事だと思っています。それなくして外にヘルプを求めてばかりでは子供も精神的に不安定になってしまうんじゃないでしょうか。うちは旦那があまり家にいないので意識して子供たちに父親の威厳みたいなのを教え込まないといつか父親は「濡れ落ち葉」みたいな存在になってしまうような気がします。(笑)
Commented by ちぇこらどか at 2007-09-01 22:31 x
>「義両親が見ててくれて~」なんて聞くとすごく羨ましいですけど、その分いろんなお付き合いの苦労とかありそうだし、どっちもどっちかもしれませんね。

そうですよね、悪気は無くても色々やっぱり口出しされることが多くなりそうですしね。

>家族の土台はまず夫婦の歯車がきっちり合っている事だと思っています。それなくして外にヘルプを求めてばかりでは子供も精神的に不安定になってしまうんじゃないでしょうか。

さすが、matoryoshkaさん!これまでにいろんなことを積み重ねてこられたからこその言葉、重みがあります(^^)
そうですよね、ハッピーな親無くしてハッピーな子はできないですものね。
Commented by matoryoshka at 2007-09-02 01:54
>ちぇこらどかさん
偉そうな事言ってすみません・・・。
なんだかんだ言ってもたまには子供抜きでぱーっと遊びに行きたいですよねぇ。(爆笑)
Commented by kirarinbaby at 2007-09-02 17:51
私もこれを読んでそうだなあ。と思いました。同時に私と同じ状況できちんと頑張っている人がいるんだなあ。とも思いました。私も、親戚などが誰もいない異国での生活が家族のサポートがある人に比べて不利で難しい。と考えたことがあります。でも、反面夫婦の絆はけんかしながらも強くなっていくものかなと思います。お互い助け合わなかったらうまく行かないと思うし・・・。
そして、両親にはあまり愚痴とか言えないです。「あなたが選んだ道でしょ」といつも言われるので。厳しくつきはなした感じはしても、遠くにいった娘をいつも両親は心配しているもんなんですよねー。
私の場合、こころらイギリス大好き!いつまでもいたい!という派ではないのですが、もうすこし前向きに、エンジョイできる自分を見つけたいなあと思います。
Commented by matoryoshka at 2007-09-02 19:37
>kirarinさん
kirarinさんの所もそうですね。うちやちぇこらどかさんの所と状況が似てます。他人は他人、うちはうち。そうやって割り切って頑張りましょう!日本でも核家族だったらそんな感じですものね。私もここだけの話ですがイギリスは決して「大好き」な国ではないですよ。でも英語しか喋れないから他の国に住むのは難しいかなぁと。今は子育ての疲れもあってちょっと後ろ向きになっちゃってる部分もあるかもしれませんけど、これからもっともっと楽しいことがあると信じて一緒にやって行きましょう。明けない夜はない!
by matoryoshka | 2007-08-30 05:44 | 子育て | Trackback | Comments(9)